作家さんの手によって丁寧に作られた作品を普段の生活に使って頂きたくてお店を開きました。ひとてま堂は作家物を扱う雑貨屋です。

 道具屋 ひとてま堂    
home   ・作品一覧   ・お買い物の前に   ・お問い合わせ
長く使っていただくために、
  知っていただきたいこと
道具屋ひとてま堂で扱うものはみんな、
            ハンドメイドです。
機械で作られていないものの良さは、
じわーんと伝わってくる温かみと
使い込んでいくうちに少しずつ変わってくる色味や
風合いを楽しめること。
そのためには長く使っていただかないと。
ずっと使い続けながらモノたちの変化を楽しむために、
お願いしたいことがあります。
陶器のために
陶器のためにお願いしたいこと。
●買って初めて使う時(汚れを付きにくくするためのひと手間)
まず、大きめのお鍋にお米の研ぎ汁か片栗粉を溶かした水をいれて、
そこに陶器を浸して沸騰させます。
ことこと、そのまま数分間。それから火を止めて自然に冷まします。
最初だけ、この手間をかけると汚れの付き方が違うんですよ。
●普段、使う時と使った後のこと
使う前に数分間、水に浸しておくと染みや匂い移りを防ぐことができます。
「水に浸しておいたから安心!」と思って、長く食品を入れっぱなしにしておくのは
危険。染みになったり匂いも移ってしまうことがあります。
(この場合、食器用(台所用)の漂白剤を薄めて浸しておくときれいになります)
洗ったあとはよーく乾かしてしまって下さい。
半乾きで食器棚にしまいこむと、カビが生えるかもしれません。
もし、不幸にしてカビが生えてしまったら・・・
食器用(台所用)の漂白剤でもとに戻せます。
●その他、いろいろ
温める程度なら、電子レンジも使えます。
でも、冷蔵庫から出したばかりなのを、チン!ってするのはおすすめしません。
オーブンはダメです。使えません。
食洗機は使えます。使えますが、土モノは柔らかいので
できれば手で優しく優しく洗っていただけると、陶はきっと嬉しいと思います。
白いうつわは金属のスプーンなどでこすると、黒い筋が付くことがあります。
ステンドグラスのために
ステンドグラスのためにお願いしたいこと。
縁は金属なので、あまり湿気の多いところで使うとサビが付くかもしれません。
湿気が多くなくても、枠の金属にカリカリしたものが付いてきたら
濡らして固く絞った布で、キュッキュと拭いてください。
普段は時々、乾いた布で乾拭きを。
そしたらガラスの曇りが取れて、いっそうきれいですよ。
尾崎雅子さんのステンドグラスはこちら→
ロートアイアンのために
ロートアイアンのためにお願いしたいこと。
鉄だから錆びる!
・・・と思ったら意外とそうでもないんだそうです。
でも、濡れたらすぐに拭いてください。
普段の手入れは時々乾拭き程度。
もしも、サビがついたら油をしみ込ませた布で拭くときれいに馴染みます
(この場合はサラダ油でもOK)
織り
手織りのためにお願いしたいこと。
・ウールやシルクはクリーニングで。 素材を表示したタグなどは付いてませんから、クリーニング屋さんで「ウールです」とか「シルクです」って 伝えて下さいね。
・麻のものの洗濯はネットに入れて洗濯機(手洗いコース)でもできますが、しわが取れにくくなるのでできれば手洗いをオススメ。
上手く仕上げるには、湿っているときにしっかりしわを伸ばしてまっすぐ干し、半乾きの状態でアイロンを当ててください。
色移りしない染料を使っていますが、麻の性質上、細かい繊維が他のものに付着することもあります。
念のため、別洗いで。(特に白いものと一緒に洗うことは避けて下さいね)
特定商取引表記    ・個人情報について    ・サイトマップ
Copyright (C) 2017 道具屋ひとてま堂 All Rights Reserved.